レッスンを受けるとふわふわすることがるんですが?

レッスンをしていると「ふわふわするんです」「不安定になりました」と言われることがあります。

これって実はすごく当然のことなんです。

人間の体はバランスを崩すことによって動くことができています。

だからバランスは崩れること前提です。

アクシブの佐野教授の動画を見たときは感動で震えました。

youtu.be

 

動力なしで歩き続ける機能を人間は持ってるんです。

ということはその不安定さは

「どこにでも行ける準備ができましたよ」という合図です。

最初は不安かもしれません。

すぐなれます。

逆に止まっていると窮屈さを感じるようになってきます。

そうすると止まることを選択すればいいだけお話。

 

さぁ、動ける体を目指しませんか?

 

otoki3kansatu.hatenadiary.com


前と後ろを考えてみる

私は自分の体をメンテナンスするときに「前と後ろ」を考えます。

例えばおでこは体の前。

後頭部は体の後ろ。

顔は前。

胸は前。

肩甲骨は後ろ。

おへそは前

お尻は後ろ。

つま先は前。

かかとは後ろ。

 

そういうことを考えると体に厚みがあることを自然に思い出してきます。

 

後頭部は首より後ろ。

そう思って後頭部を動かして左右を見る。

胸は前、お尻は後ろと思って歩いてみる。

 

そうすると少しふわふわと、もしかしたら不安定に感じる人がいるかもしれません。

それは…、次の機会に。

 

otoki3kansatu.hatenadiary.com

 

おときさんへのお問い合わせフォーム

椅子に座るときはお尻が消える

前回は「いい姿勢神話」の壁をぶち壊せ、という話を書きました。

あなたの頭とお尻、どっちが後ろにあるんだ、と。

ただこれは例外があるんです。

 

それは椅子に座ったとき。

つまり股関節を曲げるとお尻の筋肉は伸びます。

伸びると薄くなるので厚みは背中と同じようになります。

 

これってみんな薄々気がついているんですよ。

だから言うでしょ?

「腹筋するときは足を曲げてください、そうしないと腰を痛めますよ」

壁に背をつけるのも、寝転ぶのもほぼ同じはずなのにね。

 

そろそろ

あなたの魅力的なお尻にきがつきませんか?

 

おときさんへのお問い合わせフォーム

姿勢の良さを目指して腰を痛める

私はもう何年も前から言ってるんですが。

 

世の中の「正しい姿勢」は間違ってるから!!

 

 ここで言う「正しい姿勢」とは

壁にかかと、お尻、背中、頭がつくというもの(バリエーションあり)

これは本当にやめて。

 

まず、骨だけ見る。

かかと、お尻、背中、頭が壁につくというのは本当。

そうすると背筋を伸ばすのにいい方法かと一瞬思う。

ただよく考えてください。

お尻と背中、どっちにお肉がついている?

お尻とかかと、どっちがお肉ついてる?

お尻と頭、どっちがお肉ついてる?

あなたにはお尻が後ろについているでしょ!

 

まれにフラットな人はいますが、基本的にお尻の方が厚みがあります。

骨で一直線なのに筋肉つけたらお尻が邪魔するのです。

それを無視して壁を基準にすると、腰を痛めます。

だから思い出して、お尻の存在を。

 

もしどうしても壁を基準にしたければ、「壁の角」にしましょう。

お尻の谷間に入るように尾骨に当たるようにして姿勢を考えましょう。

それならまだ、ましです。

 

otoki3kansatu.hatenadiary.com

otoki3kansatu.hatenadiary.com

おときさんへのお問い合わせフォーム

 

新しい学び方

あなたは「学び」というとどういうことを想像するでしょうか?

先生がいて、ホワイトボードの前で講座をする。

先生が答えに導いてくれる。

そんな学校方式が多いのでないでしょうか?

 

ここでの学びは違います。

まず答えがありません!

解決したいことはあなたがもってきてください!

それについて提案だけはします。

したくなければ拒否権ありです。

 

なぜならここは

あなたが解決したい痛みを

あなたが改善していき

あなただけが知っている痛みの瞬間に対応できるようお手伝いするための場所です。

 

なのでここで失敗は存在しません。

あなたが思う存分、新しい知識を試す場所です。

 

 

アレクサンダー・テクニークと私

いろいろと語ってはいますが私も数年。

しっかりと勉強をしてこのblogを書いています。

なんの勉強かといいますと

 

アレクサンダー・テクニーク

 

私が勉強を始めた時には本当にマイナーだったのですが

最近は吹奏楽関連で知名度を上げてきています。

私はそのアレクサンダー・テクニークを学び

BODY CHANCEで教師資格を取得しています。

 

内容としては「自分の使い方」ですね。

動きの解剖学で関節や筋肉がどう動くのかを学び。

思考が体にどう影響を与えるのかを学び。

教えるとはどういうことなのかを学び。

そして何年もかけて教師資格を取得しました。

現在もBODY CHANCEではベーシック教師をやっています。

※2020年9月1日現在。

 

私がやってることはほぼアレクサンダー・テクニークです。

ただ純粋なアレクサンダー・テクニークかというと…(笑)

いろいろと流派がありましてね。

私はマージ派なるところで資格を取得したことになるんです。

でも私がやろうとしていることは少し違う。

 

マージはまず望みを聞いてレッスンを進めました。

私はまず

あなたの可能性に気がついてほしい

のです。

 

無意識に背負ってる荷物を捨てちゃったら体がとても軽いですよ。

あなたも少し捨ててみませんか。

 

otoki3kansatu.hatenadiary.com

 

おときさんへのお問い合わせフォーム

 

 

《ZOOM利用編》基本的になにをやるのか?

今までは基本は直接会ってのレッスンが主流でした。

ZOOMなど遠隔でのレッスンは先進的すぎてあまりみんな手を出さない状態。

というのも、私たちは「手」から直接伝えることがとても多いのです。

だからといって遠隔でレッスンができないわけではありません。

遠隔でレッスンはできます!!

 

otoki3kansatu.hatenadiary.com

ここで少し紹介した通り、私の提案する養生の根本は謎解きです。

からしっかり、じっくりとあなたのお話をまずは伺います。

どこが痛いのか。いつ痛いのか。

痛みがなかったら何がしたいか。

どんな仕事をしているのか。仕事でどんな動作をしているのか。

家ではどんな風なのか…など。

その中であなたの望みや痛みの理由を探っていきます。

 

情報をある程度仕入れたら、今度は実験です。

実際に動いてもらって、その上で私から提案します。

例えば「電話の音量ボタンを押す」という動作について。

今は肩から捩じって押してます。

肘から指先までで捩じることができるのでそれをしたらどうですか?

 

こんな感じです。

 

なのでZOOMなど利用するときは

場合によって広く映るようにしていたほうがいいかもしれません。

足についてだとやはり足が見えたほうがわかりやすいですから。

 

そしてカウンセリングが終わった後はぜひいろいろ試してみてください。

もしかしたらお話したのとは違う発見があるかもしれませんよ。

その時はぜひ教えてくださいね。

 

otoki3kansatu.hatenadiary.com

 

おときさんへのお問い合わせフォーム