病院とマッサージと未傷の養生の違い

例えば私が左の二の腕が痛くなったとします。

それは日々、ジワジワと酷くなっているような、そのままのような。

とにかく痛みがずっとそこにいる。不愉快です。

 

病院に行きます。

おそらく明確な傷は見つからないでしょう。

湿布薬と痛み止めで様子を見てください。

そういった対応になると思います。

 

マッサージに行きます。

「パンパンに張ってますね」なんて言いながら腕など体をほぐされるでしょう。

あぁ、楽になった。

ただしばらくするとまた、あの不快な痛みがやってきます。

そして耐え切れずマッサージへ。

マッサージ通いが始まります。

 

では

未傷の養生だとどうでしょうか?

まずカウンセリングで情報を集めます。

いつが一番痛いと感じるか。

何か左腕だけでやっていることはないか。

痛くてできなくなって困っていることはないか。

状況によっては体に触れて確認します。

 

このカウンセリングは重要で「質問される」と知っていると

あれかなこれかなと考えて自分でも情報を集め始めます。

そして私はバイト中に左腕を使うことを見つけます。

テレフォンオペレーターのバイト中。

電話の音量を変えるときに左手を斜め前の電話機に伸ばすんです。

その時に痛みまでは感じませんが張りを感じる部分と痛みを感じる部分が一致します。

「ではその動きでいろいろ試してみましょう」と話は進みます。

 

または「料理をするときにこの痛みが邪魔をします」と言われたとします。

お鍋を持つとき?フライパン?食材を切るとき?と状況をもう少し狭め

そしてその動きについていろいろと試していきます。

 

バイトの話は私の体験談ですが、実際に腕を伸ばす時に

必要以上に腕をねじっていることを発見しました。

必要なだけ、やりたいだけ動かす動きを試していった結果。

3日ほどで腕の痛みはなくなりました。

…まぁ、市販の湿布薬も貼ってましたけどね。

 

興味がありましたらぜひお問い合わせフォームへ!

 

痛みの謎、解明カウンセリング - おときさんの未傷の養生教室~痛みのない生活を目指して~

 

tayori.com