姿勢の良さを目指して腰を痛める

私はもう何年も前から言ってるんですが。

 

世の中の「正しい姿勢」は間違ってるから!!

 

 ここで言う「正しい姿勢」とは

壁にかかと、お尻、背中、頭がつくというもの(バリエーションあり)

これは本当にやめて。

 

まず、骨だけ見る。

かかと、お尻、背中、頭が壁につくというのは本当。

そうすると背筋を伸ばすのにいい方法かと一瞬思う。

ただよく考えてください。

お尻と背中、どっちにお肉がついている?

お尻とかかと、どっちがお肉ついてる?

お尻と頭、どっちがお肉ついてる?

あなたにはお尻が後ろについているでしょ!

 

まれにフラットな人はいますが、基本的にお尻の方が厚みがあります。

骨で一直線なのに筋肉つけたらお尻が邪魔するのです。

それを無視して壁を基準にすると、腰を痛めます。

だから思い出して、お尻の存在を。

 

もしどうしても壁を基準にしたければ、「壁の角」にしましょう。

お尻の谷間に入るように尾骨に当たるようにして姿勢を考えましょう。

それならまだ、ましです。

 

otoki3kansatu.hatenadiary.com

otoki3kansatu.hatenadiary.com

おときさんへのお問い合わせフォーム